長崎の賃貸

賃貸しの退去とは、今まで生活していた物件から出て賃貸し契約を解除することです。

賃貸し契約を解除して物件から出るには、家主への賃貸し契約の解除の連絡と物件の原状回復義務を負う義務があります。

家主への賃貸し契約解除の連絡は、その物件を出る前に家主にその事実を伝える必要があります。

契約内容により異なりますが、通常は物件を出る一ヶ月前か二ヶ月前に連絡を行う事が多いです。

原状回復義務は、物件内にできた損傷を保障することです。

壁や床の汚れや、壁のなどに付けた釘や画鋲の穴や落書きなどの損傷やタバコや火による焦げ後などが、原状回復義務の対象になる場合が多いです。

これらの保証金は敷金から出ますが、不足した場合は追加の保証金を求められることがあります。

原状回復義務にかかる費用を少なくするには、生活の中で物件を傷つけるようなことをしないようにすることや、物件を出る前に可能な限り個人で損傷を修復することが効果的です。

賃貸し契約を解除時に揉め事にならないように、契約前に事前に契約書をよく読んで使用上の注意や保障内容を確認しておく必要があります。

わからないことは、不動産関係の専門家や弁護士などに相談すると効果的な助言を得ることが出来ます。